NetWars : Cyber Defense NetWars Tournament
Cyber defense

Cyber Defense NetWarsとは?

Cyber Defense NetWarsチャレンジは、問題を解決し、自身のシステムを侵害から保護する能力をテストすることを目的に新たに開発された、ディフェンス中心の競技です。
Cyber Defense NetWarsは、システム管理やスレットハンティング、ログ分析、パケット分析、暗号化など、防御に関する自身のスキルを試すことができるよい機会であり、これまでにない体験ができるでしょう。

トピック

  • Windowsの管理
  • Linuxの管理
  • パケット分析
  • ネットワークセキュリティモニタリング
  • 継続的なセキュリティモニタリング
  • ログファイル分析
  • 暗号化
  • ステガノグラフィ

SANS Cyber Defense NetWarsで経験できること

  • インターネットをベースとしたインタラクティブな環境で構成されており、システムを保護し、侵害を検出するといった参加者の防御能力をはかることができます。
  • 参加者スキルのレベルに応じて幅広く参加できるように設計されています。
  • レベル分けされているため、参加者は自身の専門知識のレベルに応じて進めることができます。

Cyber Defense NetWarsチャレンジは4つのレベルで構成されています

  • Level 1 – Defending and Securing the wall
  • Level 2 – Defend against wildling attacks
  • Level 3 – Defending against undead attacks
  • Level 4 – Defending against the dreaded Night King

参加対象者

  • セキュリティ管理者
  • エンタープライズディフェンダ
  • アーキテクト
  • ネットワークエンジニア
  • インシデントレスポンダ
  • セキュリティ運用を担う専門家
  • セキュリティアナリスト
  • ビルダーやブレーカー

開催概要

日 程 : 2019年10月3日(木)~4日(金)
時 間 : 18:00~21:00
会 場 : 富士ソフトアキバプラザ6Fセミナールーム1
モデレータ : Bryce Galbraith(SANSプリンシパルインストラクター)
参加費 : 230,000円(税抜)
※2019年9月30日~10月11日のSANSトレーニング受講者は無料でご参加いただけます。
 事前登録必須
持ち物 : 以下参照ください。
申込締切り : 2019年9月30日(月)

持ち物

以下に記載した必要要件を満たすノートPC1台をお持ちください。

  • スペースと電源設備が限られているため、複数台の持ち込みは原則禁止です。
  • 有線LANネットワークに接続いただきます。

■ノートPCの必要要件:
ハードウェア要件とソフトウェア要件をお申込み前に必ずご確認ください。以下の要件をすべて満たさないノートPCでは本イベントに参加いただけません。また、事務局でも代替のノートPCをご用意できませんのでご了承ください。

<ハードウェア要件>

  • 2.0+ GHz以上の64bit Intel i5 x64 プロセッサ
  • USB 3.0ポート(強く推奨)
  • 200GB以上のHDD/SSD空き容量
    本イベントで必要なソフトウェアのインストールのほか、仮想マシンをコピーする必要があるため、最低でも200GB以上の空き容量を確保してください。
    さまざまなデータを扱うため、充分な空き容量をこれよりも確保することを推奨。
  • 8GB以上のRAM(メモリ)
    複数のOSを動作させるため、8GB以上のメモリを搭載したPCでない場合、演習実施に差し支えが出る可能性があります。
  • 有線LANアダプタ
    本イベントでは、有線LANネットワークに接続します。 無線LANインターフェースのみ搭載されているモデルのPCを持参する場合は、有線LANアダプタも必ず持参してください。

<ソフトウェア要件>

以下のソフトウェア要件は特に重要です。必ず事前にご確認ください。
要件を満たさないと競技にご参加いただけません。

  • Windows OS(Windows7以降)が動作すること、もしくは仮想マシンとして動作すること。
    ※MacまたはLinuxを使用する方も上記のWindows環境を必ず準備してください。
    ※ホストOSにMac、Linuxを使用する場合は、Mac OS X(10.10以降)、2014年以降にリリースされたLinux環境をご用意ください。
  • ノートPCの管理者権限
    ソフトウェアを自由にインストール/アンインストールできること。
    ウィルス対策ソフトを自由に停止、またはアンインストールできること。
    あらゆるフィルタリング制限、Webアクセス制限を解除できること。
    BIOSを設定変更できること。
    システムの設定を自由に変更できること。
  • VMware
    本イベントはVMwareを使用してWindowsとLinuxのOSを2つ同時に使用します。
    Linuxは当日USBにて配布します。これはVMwareで正常に動作するよう構成されています。VirtualBox、VirtualPC、Parallels、その他仮想化製品は本イベントのサポート対象外です。
    当日までに、無料版VMware Workstation Player 11以降、またはVMware Fusion 7以降をシステムにインストールし、正常に起動・操作できることを確認しておいてください。
    VMware Workstation PlayerはVMwareのサイトからダウンロードして無料で使用することができます。VMware Workstation Player、VMware Fusionのライセンスを持っていなくても、30日間はフリートライアル期間として利用することができます。
    VMwareウェブサイトに登録すれば、期限付きのシリアルナンバーが送られてきます。
    ※ホストマシンにMacまたはLinuxを使用する方も上記のWindows環境を必ず準備してください。 VMwareは、下記より体験版をダウンロードできます。
    VMware Workstation PlayerVMware Fusion
  • 連絡可能なメール環境
    外部と連絡可能なメールアドレス、メール環境が必要です。
    NetWarsトーナメントで必要なエントリー情報を送受信するために必要となります。
    会場でメール送受信が必要となるため、自宅や会社でしか利用できないものは使用しないでください。また、自宅や会社でスパムフィルタリングがかかって削除されることも考えられます。必ずご自身で操作可能なメール環境をご用意ください。

留意事項

参加者は全員同じネットワークに2日間接続することになります。
ご持参いただいたノートPCが攻撃を受けるかもしれません。したがって、システム上にいかなる機密情報も保存しないでください。他の参加者に攻撃を仕掛けられたとしても、事務局は一切の責任を負いません。