ニュースレター登録
資料ダウンロード
お問い合わせ

Instructor インストラクター

講師のご紹介

Steve Anson

Steve Anson | スティーブ アンソン

SANS認定インストラクター

2007年以来、彼は、インシデント対応、デジタルフォレンジック、ネットワークセキュリティの分野で、世界各国のさまざまな顧客に戦略的・戦術的なアドバイスを提供しています。

スティーブは国防総省刑事捜査局の特別エージェントとして、世界最大のコンピューターネットワークであるグローバル情報グリッドに対するサイバー攻撃を調査した経験を有しています。この役割において彼は米国の国家安全保障に大きな影響を与える国際的なコンピューター犯罪調査を監督する立場でした。

また彼は、ハッキングやコンピュータ犯罪調査のインストラクターとして、何百人ものFBIサイバー犯罪エージェント、USシークレットサービス、エネルギー省、米国陸軍海空軍、国防総省刑事捜査局、その他多くの国際機関のエージェントを研修した実績があります。

さらに、現在彼は、マレーシア、カザフスタン、エジプト、ヨルダン、キルギスタン、タイ、セネガル、バングラデシュ、ケニア、コロンビア、インドネシア、フィリピンなどの幅広い国の法執行機関におけるサイバー犯罪調査やデジタルフォレンジック能力の確立・向上を支援しています。その活動の一環として、さまざまな国の法執行機関と協力し、国際標準に沿ったポリシーと手順を開発しました。

スティーブは警察官としての在職中に、情報システムの設計・管理、セキュリティ、コンピューター犯罪調査やフォレンジックなどを担当する技術サービスユニットを設立・指揮しました。その中で、生命に対する差し迫った脅威を含むコンピューター調査を実施した経験も有します。

保有資格は、CISSPEnCECCMESCERSDepartment of Defense Certified Computer Crime InvestigatorSeized ComputerGCIHGPENなど多数。ジョージワシントン大学のコンピューターフォレンジックプログラムの修士課程の助教授、ISO 17025:2005の米国臨床検査協会の認定を受けた主任検査官としての経歴ももつ。

Forward Defenseディレクター
著書に「Wiley PublishingMastering Windows Network Forensics and Investigations」(共著)がある。

Hassan El Hadary

Hassan El Hadary | ハッサン エル ハダリー

SANS認定インストラクター

Hadary氏はアプリケーションセキュリティのエキスパートで、機微な情報を扱うアプリケーションのセキュリティ監査、セキュアコーディングレビュー、およびペネトレーション診断の分野で活躍しています。Hadary氏はプログラマーとしてITキャリアをスタートさせた後、情報セキュリティに対する情熱を高めてきました。カイロにあるAmerican UniversityにおいてSecure Software Engineeringを専攻としたコンピューターサイエンスの修士号を取得しています。

Hadary氏は、企業向けの脆弱性早期発見制度に参加しており、多くの企業から表彰を受けています(企業の一例:Google、Apple、Facebook、Yahoo、Oracle、Twitter、PayPal、eBay、Etsy、AT&T、Gift Cards、Cisco Meraki、Groupon)。既に公開済みの脆弱性情報は、同氏のブログから参照することができます。
http://hassanhadary.blogspot.com.eg/
その他SANSナイト、OWASPチャプター、米埃サイバーセキュリティワークショップ、中東情報セキュリティサミットのほか、サイバーセキュリティBootcampであるADPolyやCSCAMPにも参加しています。

Twitter:@hassan_hadary

Kenneth G.Hartman

Kenneth G.Hartman | ケネス ハートマン

SANS認定インストラクター

Kenneth G. Hartmanは、ミシガン州トラバースシティを拠点とするセキュリティコンサルタントです。Kenのモットーは、「私はクライアントがその製品やサービスに対して顧客の信頼を獲得し、維持できるように支援する」とのことです。この目的のために、パブリッククラウドでの顧客データの保護に焦点を当てた技術的なセキュリティ対策の包括的なプログラムポートフォリオのコンサルティングを行っています。中西部とシリコンバレーのさまざまなクラウドサービスプロバイダで、アーキテクチャ、エンジニアリング、コンプライアンス、セキュリティ製品管理などの職務に従事してきました。彼は、SEC545: Cloud Security Architecture and Operations およびSEC488:Cloud Security Essentials のインストラクターであり、また、2019年SANS Cloud Security Operations Solutions Forum、2019年および2020年SANS Cloud & DevOps Security Summitsの共同議長も務めています。

専門分野:クラウドセキュリティ

 

 

Moses Frost

Moses Frost | モーゼス フロスト

SANS認定インストラクター

モーゼス・フロストは、IT業界で15年以上の経験を持つベテランのセキュリティ専門家です。また、ネットワーク・エンジニア、ネットワーク・アーキテクト、セキュリティ・アーキテクト、プラットフォーム・エンジニア、サイト・リライアビリティ・エンジニア、コンサルティング・セールス・エンジニアなどを経験しています。加えて、複雑なネットワーク管理、システム管理、フォレンジック、ペネトレーションテスト、システム開発のバックグラウンドを持っています。さらに彼は、米国国内最大手の企業や急成長中のスタートアップ企業との業務経験もあります。

Joshua Lemon

Joshua Lemon | ジョシュア レモン

SANS認定インストラクター

ジョシュは、Ankuraのサイバーセキュリティ担当マネージングディレクターとして、Ankuraのアジア太平洋地域のデジタルフォレンジックおよびインシデントレスポンス業務を率いており、政府機関や企業のお客様の高度なセキュリティ侵害、サイバーディフェンスおよびサイバーレスポンスプログラムの高度化、悪意のある敵対者の脅威探索などを支援しています。Ankuraでの役割に加えて、ジョシュは2つのSANSコースを教えています。FOR508: Advanced Incident Response, Threat Hunting, and Digital Forensics と FOR572: Advanced Network Forensics:です。ジョシュは、infosec ブログ https://blog.joshlemon.com.au/ を運営しており、GCFA、GCIH、GNFA、GPEN、GDAT、GPYC、GREM などの資格を取得しています。

Lee Whitfield

Lee Whitfield | リー ホワイトフィールド

SANS認定インストラクター

Leeは、自身の会社である 337 Forensics のデジタル フォレンジック コンサルタントおよびアナリストです。 フォレンジック調査員として、児童虐待、知的財産権の窃盗、殺人未遂など、さまざまな状況に対応してきました。彼の最大の成功の一つは、法医学捜査官にとって障害となっていたシャドウコピーのリバースエンジニアリングを行ったことです。Leeの研究と技術革新のおかげで、ファイルを見つけるためのアクセスと時間が大幅に短縮され、法医学捜査官は、古いファイルや削除されたファイルを含めて、数日前、数週間前、あるいは数ヶ月前からコンピュータの内容を見ることができるようになりました。 Lee は、SANSの研究・運用センターの上級技術顧問であり、Forensic 4:cast ポッドキャストとアワードイベントを主催しています。

Kai Thomsen

Kai Thomsen | カイ トムセン

SANS認定インストラクター

Kaiは15年以上にわたり、幅広くITセキュリティの職務に従事してきました。現在は、高級自動車メーカーAUDI AGでデジタルフォレンジックおよびデジタルレスポンス(DFIR)のリードアナリストを務めています。彼は、企業、産業制御システム(ICS)、コネクテッドカーのインフラストラクチャを保護するために、AUDIの近代的なサイバーディフェンスチームの設立に重要な役割を果たしてきました。Kaiは、S4 Europe、CS3STHLM、Troopers、ISF、スイスのSIGS SCADAなど、さまざまなセキュリティカンファレンスで講演や講義をしてきました。2018年には、SANS Automotive Cybersecurity SummitとSANS ICS Europe Summitの議長を務めました。KaiはGIAC Response and Industrial Defense(GRID)認定を取得しており、シーゲン大学でコンピュータサイエンスと英米文学の修士号を取得しています。

Greg Scheidel

Greg Scheidel | グレッグ シーデル

SANS認定インストラクター

Greg Scheidelは、ITセキュリティの分野で30年以上の経験を持ち、PCやサーバなどIT機器のサポート、ネットワークの設計と実装、アプリケーション開発とプログラミング、ITサービス管理、ITセキュリティ、および情報保証の分野を経験してきました。現在、Iron Vine Security社のChief Cybersecurity Officerとして同社をリードする役割にいます。Gregは、ITとセキュリティはビジネスのニーズに応えるものでなければならないと強く信じており、自身のスキルを磨く一方、他者を教えることに情熱を注いでいます。また、ISACA CSX-Pワーキンググループのメンバーとして、認定や試験の策定に携わっています。

Jeff Lomas

Jeff Lomas | ジェフ ローマス

SANS認定インストラクター候補

Jeffは、ラスベガス警視庁で刑事・サイバー捜査官として働き、2008年依頼、コミュニティに貢献してきました。彼は本来の仕事であるデジタルフォレンジックを行いながらOSINTを使い始めたユニークな存在です。

Jeffは、デジタルフォレンジック、サイバー捜査、そしてOSINTコミュニティが非常に好きです。なぜなら、互いに学び合う文化があり、新規に携わる人でさえも好意的に受け入れていると感じているからです。Jeffの仕事は、高いスキルを維持するのみならず、非技術的な管理業務を行うことも必要としています。ジェフは、生徒の多くが彼と同じ立場にあることを理解しており、多様な役割を果たしながら成功するにはどうすればよいか、これまでの経験から導いてくれます。

Jeffは、サイバーセキュリティに重点を置いたインテリジェンスの学士号とサイバーセキュリティの修士号を保有しています。また、これまでに、GSEC、GOSI、ACE、CFCE、CCME、CAIEなどのさまざまな業界資格を取得してきました。また、Osintcurio.usのブログ・コントリビューター、Trace Labsの審査員、NCPTF (National Child Protection Task Force) のメンバー、そしてATII (Anti-Human Trafficking Initiative) のボランティアとしても活動しています。

仕事や講義をしていないときは、家族との時間を楽しんだり、ギターやウクレレなどの楽器を演奏したり、ボードゲームを楽しんだりしています。

Domenica Crognale

Domenica Crognale | ドメニカ クログネル

SANS認定インストラクター

Domenicaは、ManTech Internationalのシニアモバイルフォレンジックアナリストを務めており、各種サードパーティー製モバイルアプリケーションが残す、膨大な量のデータを分析しています。前職においては、彼女のキャリアのハイライトとなっているオサマ・ビンラディンのメディアに携わったことで広く認識されることとなりました。軍の特殊部隊、米国沿岸警備隊、その他の政府機関にトレーニングを提供しており、さまざまなフォレンジック用ユーティリティのテストと検証を行っています。また、多くのモバイルアプリケーションのセキュリティ評価を行っています。Domenicaは、 SANS FOR 585:Advanced Smartphone Forensicsの共著者であり、講師でもあります。

NRIセキュアではNews BitesやOUCH! を日本語に翻訳して皆さまにお届けしています。
購読制を採っておりますので、
ご希望の方は、ニュースレター登録からお申し込みください。