SANS Tokyo Autumn 2019

【SANS Japan Live Online July 2020 に関するお知らせ】

6月29日から7月11日まで予定していたCyber Defence Japan 2020は、新型コロナウイルス感染症に関する状況を考慮し、SEC504とSEC401の2コースについて、日本ローカルの講師による日本語でのLive Online形式でトレーニングを行うJapan Live Online July 2020として開催することといたしました。予定していた他のコースとCore NetWarsは本年後半以降に延期とさせていただきます。

Live Onlineとは、専用のプラットフォームを使ったオンライントレーニング環境で、インターネット経由でどこからでも受講が可能です。講義は通常のオンサイト型トレーニングと同様にリアルタイムに行われ、テキスト・ビデオチャットにより逐次、議論や質疑が可能です。ラボでのハンズオン、CTF(Capture The Flag)についても通常と同様の内容・形態で行います。

通常のオンサイト型トレーニングにはないメリットとして、講義終了後、ライブ配信音声、電子版テキスト、ハンズオン用のラボ環境へ一定期間アクセス可能です。いつでも復習ができ、都合により受講できない時間がある場合も安心してご参加いただけます。

外出や集合型イベントへの参加がむずかしい状況が続いた場合でも、ご自宅などから安心してスキルアップに取り組んでいただける先進的で魅力的なイベントになると考えております。間もなく申し込み開始となりますので、この機会に、ぜひお申し込みください。

※研修内容についての追加情報や重要な変更事項がございましたら、随時当サイトでご連絡いたします。
※ご受講の際は、指定された要件を満たしたPCとインターネットへ接続できる環境をご準備ください。

Live Onlineの利用方法や利用環境など関する情報はLive Online FAQ をご参照ください。
 
 
  • slide-08-noenglish-live-5

SEC504Hacker Tools, Techniques, Exploits, and Incident Handling

本コースは、攻撃者のねらいとその手口を詳細に理解し、それを踏まえた脆弱性の発見と侵入検知の実技経験を養い、総合的なインシデントハンドリングが行えるようになることを目的としています。受講を通じて得られる知識とスキルによって攻撃者より優位な立場に立てるでしょう。

日程 2020年6月29日(月)~7月3日(金)、7月6日(月)~11日(土) 11日間(半日×11日間))
講師 Zachary Mathis(SANSローカルインストラクター)

SEC401Security Essentials Bootcamp Style

本コースは、情報セキュリティの全分野を履修するコースです。組織のシステム管理や情報セキュリティに必要な理論、本質的な要素技術について学びながら、すぐに実践できるパフォーマンスの高いスキルを身につけられるよう、座学と演習で構成されています。SANSトレーニング受講者動員実績No.1コース!!

日程 2020年7月6日(月)~ 7月11日(土)6日間(全日×6日間)
講師 根岸 征史 / 林 聡 (SANSローカルインストラクター)