SANS Tokyo Autumn 2019
【Cyber Defence Japan 2020 お申込みのお客様への重要なお知らせ】
 
新型コロナウイルス等の感染症の状況を考慮した結果、英語コースおよびNetWarsの開催を延期する決定をいたしました。
なお、日本語により実施される次の2コース「SEC401」、「SEC504」につきましては、ライブ配信*での開催を予定しております。
詳細など確定しましたら改めてご案内いたします。
 
*ライブ配信: 講師がインターネット回線を用いてオンラインで講義を配信する形態です。通常の教室での講義と同様に質疑応答やハンズオンの実施も含まれます。
 
  • title_cyber_defence_2020_july_no_english_choseichu

SEC504Hacker Tools, Techniques, Exploits, and Incident Handling

本コースは、攻撃者のねらいとその手口を詳細に理解し、それを踏まえた脆弱性の発見と侵入検知の実技経験を養い、総合的なインシデントハンドリングが行えるようになることを目的としています。受講を通じて得られる知識とスキルによって攻撃者より優位な立場に立てるでしょう。

日程 詳細日程は現在調整中
講師 Zachary Mathis(SANSローカルインストラクター)

SEC401Security Essentials Bootcamp Style

本コースは、情報セキュリティの全分野を履修するコースです。組織のシステム管理や情報セキュリティに必要な理論、本質的な要素技術について学びながら、すぐに実践できるパフォーマンスの高いスキルを身につけられるよう、座学と演習で構成されています。SANSトレーニング受講者動員実績No.1コース!!

日程 詳細日程は現在調整中
講師 根岸 征史 / 林 聡 (SANSローカルインストラクター)